公務員の種類・試験対策・年齢制限!国家公務員・地方公務員・市役所!
公務員試験対策

裁判所






社会に起こる争いを、憲法や法律に照らし合わせ公平に判定するところです。
日本の司法権を行使する場所です。

裁判所には5つの種類があります。
・最高裁判所
高等裁判所の裁判に対して、不服申し立てをされた案件を扱う。
最後の裁判所です。
・高等裁判所
地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所の裁判に対して、不服申し立てをされた案件を扱う。
・地方裁判所
民事事件、刑事事件のほとんどの事件の第一審を行う。
・家庭裁判所
家事審判、家事調停、少年審判を扱う。
・簡易裁判所
比較的簡単な民事事件、軽い罪の刑事事件を扱う。

■裁判官になるには
・新司法試験に合格し、司法修習ののち、裁判官になる
■裁判所で働くには
・書記官、調査官、事務官などの仕事がある
・事務官、調査官の採用試験を受ける
・書記官になるには裁判所職員として採用された後、研修を受ける


公務員の種類・試験対策Top

Copyright(C) 2009〜
公務員の種類・試験
対策・年齢制限ガイド

公務員の種類・試験対策・年齢制限!国家公務員・地方公務員・市役所!
[PR]